>

デジタルカメラの心臓部に欠かせない新亜光学工業という会社

デジタルカメラはとても精密な部品で構成

その高画質を実現するためにデジタルカメラはとても精巧な部品で構成されており、日本ならではの高い技術が投入されています。
特に心臓部の半導体部品や画質を決定する光学系の部品に関してはものすごく高度な技術が使われており、日本の技術力の高さを証明しています。
中でも光学系の部品はその要求される技術の高さのため、製造できる会社の数が限られており少数精鋭の会社がすべての製造を担っています。
特にシャッターユニットなどの画質の中枢に当たる部分に関しては海外での生産は難しく、日本の製造会社の独壇場となっています。
その中でも特に優秀といわれる会社が一つ存在しており、その会社なくしてはデジタルカメラは成り立たないといわれるほどの信頼度を獲得しています。

カメラの心臓部を作っている新亜光学工業

そのカメラの心臓部を作っている会社が新亜光学工業株式会社といい、まだ創業20年ちょっとの若い会社ですが光学部品の分野でトップの位置を獲得している注目の会社です。
新亜光学工業はデジタルカメラの心臓といえる光量制御装置とシャッターユニットの分野でいくつも特許を獲得しており、特にこの会社が発明したレンズ光量自動制御装置とシャッターユニットはほぼ全メーカーのカメラに使われており、特許取得と相まって新亜光学工業の独占といえる状態に業界ではなっており工学部門のレベルの高さを見せつけています。
新亜光学工業のすごさはこの特許を持っているレンズ光量自動制御装置とシャッターユニットの精度の高さに集約されており、他の会社が追従できないほどのレベルの高さが業界トップを維持している大きな理由になっています。


この記事をシェアする

トップへ