>

デジタルカメラはスマートフォンで撮るより画質がきれい

画面で見るならスマートフォン異常にきれい

スマートフォンのカメラが異常に綺麗に見えるのはスマートフォンの画面技術がものすごく高くなったために、写真そのものの画質が高くなくても綺麗に見せてしまうという事が挙げられます。
さらにスマートフォン本体やメモリーカードに膨大な量が保存できるので、印刷をわざわざしない人が多くなり画面で見ることで済ましてしまっているという現象もあります。
また簡単にスマートフォンに写真を保存しておけばほかの人とシェアができるのでプリントしたものを持っていく必要がなくなったというのも大きな理由ではないかと思います。
スマートフォンの出現によってカメラそのものの存在が駆逐されてしまい、写真の活用の仕方が変わってしまったというのが大きいですね。

紙に印刷するとスマートフォンはイマイチ

そうは言うもののいざというときの大事な写真や、残しておきたい写真などを撮影する時にはやはりデジタルカメラで撮った方がスマートフォンで撮影するより綺麗なのは明らかです。
画質の違いが明らかにわかるのは印刷して紙に起こした時にわかりますので、印刷して写真を保管したいのであればスマートフォンの写真を使うのはやめておいた方が良いといえます。
デジタルカメラは印刷することをもともと考えて作られているものなので、部品の性能や精密加工が段違いに異なるので画質の違いは一目瞭然に出ます。
スマートフォンは部品構造からして本格的なデジタルカメラとは異なる部品を使っているので、印刷に耐えられるまでの画質には程遠いですのであくまで画面観賞用と考えた方が良いでしょう。


この記事をシェアする

トップへ